• 基本情報
  • クーポン
  • プレゼント
内田 今朝雄
34184

※画像をクリックで拡大表示します
このエントリーをはてなブックマークに追加

『もうひとりの4番サードN:難波昭二郎の軌跡』

「4番サードN」 作者の独り言①            内田今朝雄


(本文)

そもそもこの本を書こうと思ったきっかけは、イタリア在住の作家・塩野七生さんの一言でした。私が資生堂の「花椿」の編集者時代、塩野さんの担当をしていたのですが、私がすごいナガシマファンであることを聞いた彼女は「そんなにナガシマが好きなら、彼の本を書けばいいじゃん」と言ってくれたのです。この一言が私の心を揺さぶりました。「そうか、それは面白そうだ」と感じ、次の日からその目標に向かって突き進んだのでありました。
プロ野球界で最も愛されている「長嶋茂雄」の本は数えきれないほど出版されています。そこで、視点を変えて、長嶋を脇役にしたら面白いのが書けると思いついたのです。そして、主人公となる人物を見つけました。その人が難波昭二郎。
東京六大学のヒーロー長嶋に対して、関西六大学のヒーロー難波。「東の長嶋、西の難波」とマスコミで騒がれた選手です。そして運命のいたずらで、この二人がジャイアンツに同時入団することになったのです。大学時代は二人とも「4番サードN」。これは面白いノンフィクションが書けるぞ、と意を決し、創作活動に入ったのでした。



「4番サードN」 著者の独り言


私が世の中で最も尊敬する人、それは長嶋茂雄さん。
長嶋さんの背番号は3。当然、私の好きなナンバーであり、ラッキーナンバ―です。草野球の背番号は3(外野守っていたのに)、マイカーのナーバーは・・・3.秘密の番号も必ず3がらみ。
そんなわけで、私の特製Yシャツの背中には小さく背番号3が刺繍してあります。あるパーティーでミスターとお会いする機会があった時にそのYシャツを着ていき、背番号3を見てもらいました。そしたらミスターは目を細めて、その小さな3を指さし、「ほー、可愛いねえ!」と言ってくれました。
うわー、生きててよかった! 
これを至福の時というのでしょう。


ショップ名内田 今朝雄
掲載コード番号34184
※お問い合わせは、商品などに関する以外はご遠慮ください。(広告取材・営業禁止)
戻る