輝星 怒り買った試合が転機に
 ◇交流戦 日本ハム2−1広島(2019年6月12日 札幌D)

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が12日、広島戦でデビューし、5回を4安打1失点でプロ初勝利を挙げた。3連覇中のセ・リーグ覇者を相手に最速147キロの直球を主体に真っ向勝負を展開。4三振は全て直球で奪った。交流戦でのプロ初登板初勝利は05年の日本ハム・ダルビッシュ(現カブス)以来2人目。球界史上初の21世紀生まれの白星ともなった。

戻る