開通の大橋、苦情相次ぐ 気仙沼
 宮城県気仙沼市の気仙沼大島大橋開通から1週間が過ぎた。大島には多くの車が訪れるようになったが、本土側や島内の案内標識の不備など、交通対策への苦情や不満が相次ぎ、市や県は対応に追われている。さらに、橋のたもとで車道を横切る歩行者の安全確保も課題となっているほか、廃止された定期航路に代わるバス路線の利用者からは「前より不便になった」と嘆く声も聞こえる。【新井敦】

戻る