「源氏物語」最古の写本を発見
 平安時代に紫式部が著した源氏物語(全54帖)について、鎌倉時代の歌人藤原定家(1162〜1241年)が編さんした最古の写本「青表紙本」のうち5冊目の「若紫」が見つかり、冷泉家時雨亭文庫(京都市上京区)が8日発表した。

戻る