青リンゴ臭のカメムシ 小4ら発見
本多君(能美湯野小)県昆虫館屋上で
学芸員が論文、専門誌に掲載
 白山市の県ふれあい昆虫館で、青リンゴのような甘い香りを出すカメムシ「マツヘリカメムシ」が、県内で初めて採集された。見つけたのは、昨秋同館を訪れた能美市湯野小学校四年生の本多柚音(ゆうね)君(9つ)と友人。発見の経緯などをまとめた専門誌の論文にも発見者として名前が載った本多君は「うれしい。もっとたくさんの珍しい昆虫を見つけたい」と喜びを語った。(都沙羅)

戻る