敵基地攻撃 拙速議論に懸念の声
 自民党が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に代わるミサイル防衛の議論に着手した。敵基地攻撃能力を含む抑止力の在り方について、検討チームは7月中に政府への提言をまとめる構えだが、法律・技術面の課題は山積。30日の初会合では、歴代の防衛相経験者からも拙速な議論を懸念する声が相次いだ。
戻る