強制性交繰り返す 男に懲役20年
 未明に女性宅に侵入する手口で、性的暴行などを約7年間で6件繰り返したとして、強盗強制性交や強姦(ごうかん)などの罪に問われた無職の男(26)の裁判員裁判の判決公判が30日、横浜地裁であった。家令和典裁判長は「犯情は甚だ悪く、刑事責任は重大」と述べ、懲役20年(求刑懲役25年)を言い渡した。
戻る