神戸連続児童殺傷23年 遺族手記
 神戸連続児童殺傷事件で、小学6年の土師淳(はせじゅん)君=当時(11)=が亡くなってから24日で23年となるのに合わせ、父親の守さん(64)が報道各社の求めに、心境をつづった手記を寄せた。守さんは、加害男性(37)に遺族に対する手紙を書くように求め、犯罪被害者に対する支援の拡充を改めて訴えた。(村上晃宏)

 全文は次の通り。
戻る