乳児揺さぶり死 父親に懲役5年
 福岡県古賀市で昨年6月、生後約2カ月の娘を揺さぶり死亡させたとして傷害致死罪に問われた木戸義弘被告(38)の裁判員裁判の判決が15日、福岡地裁であり、溝国禎久裁判長は懲役5年(求刑懲役10年)を言い渡した。

戻る