新幹線で煙 携帯バッテリーから
 9日午後5時55分ごろ、東京発盛岡行きの東北新幹線はやぶさ65号(17両編成)が上野―大宮間を走行中、6号車の車内で乗客のモバイルバッテリーから煙が確認され、緊急停止した。埼玉県警大宮署によると、6号車に乗っていた女性がバッテリーをかばんから床に落とした際に発煙した可能性があり、詳しい原因を調べている。メーカー名は読み取れない状態という。

戻る