娘に性的暴行 1審無罪父の控訴審
 愛知県で2017年、19歳だった実の娘に性的暴行をしたとして準強制性交等の罪に問われ、一審で無罪判決を受けた父親(50)の控訴審が14日、名古屋高裁(堀内満裁判長)で結審した。判決は3月12日午後3時に言い渡される予定。

戻る