相次ぐ自然災害、景気へ冷や水?
 14日に発表された9月の月例経済報告では、先行きのリスクについて、西日本豪雨や台風21号、北海道で震度7を記録した地震など相次ぐ自然災害が日本経済に与える影響に「十分留意する必要がある」と明記された。被害は局地的とはいえ、復旧・復興が長引けば日本全体への波及は避けられず、来年1月にも見込まれる「戦後最長の景気回復局面」達成に向けて冷や水を浴びせかねない。

戻る