高橋 昇一  [書籍, 本, アートギャラリー・書籍・俳句, 本・音楽・映像/中部地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2021.04.14)
37638
高橋 昇一

『随想』ポートレート ― エッセイ、写真、楽しみ方はどちらでも ― 洪水と云って言い過ぎでないように、次から次へと怒濤のように押し寄せる情報の中で、ボヤボヤしていると日々は過ぎ去ってしまう。押しとどめることのできない時の流れを歩みながら、家族や仕事、心の中にあるものを形にして、せめて現在をとどめてみよう——。前作『情熱より創造へ』に続き、芸術、ビジネス、時事問題から児童詩まで、固い話も身近な話も...

  

森 俊光  [書籍, 本, アートギャラリー・書籍・俳句, 本・音楽・映像/九州・沖縄] デイリースポーツ新聞大阪本社版 (2021.04.14)
39060
『夢に向かって』—精神障がいと共に生きる—

「全国を回って仲間を励ますという、あなたの夢はどうなりましたか」?その一言から始まった、夢に向かって挑戦する半生記。ナンバーワンを目指して18歳でパニック障害を起こし、その後入退院を繰り返すが、障がいがあっても出来る仕事があるのではないかと、オンリーワンを目指して様々なことに挑戦してメッセージを発するドキュメント。 発行/文芸社 A6並・192頁  定価/¥660(税込)

  

山上 修  [書籍, 本, アートギャラリー・書籍・俳句, 本・音楽・映像/近畿地方] 婦人公論 (2021.04.13)
38821
山上佳子『追悼文集と教育実践の記録』

子どもの心を受けとめ輝かせたい、人に役立ちたいと、あふれる笑顔、優しさで生き抜いた女性への、愛惜きわまる追悼文と、彼女の絶品の教育実践。 発行/22世紀アート POD(書籍)版・172頁 定価/1,430円(税込) 電子版・172頁 定価/500円(税込) お求めはアマゾン https://j.mp/3rctITX

  

刀根 健  [書籍, アートギャラリー・書籍・俳句/関東地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2021.04.13)
39388
『僕は、死なない。』全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則

この本は、2016年9月1日から2017年7月20日の323日間に、僕の身に起きた不思議な奇跡の全記録である。 発行/SBクリエイティブ 四六判・368頁 定価/¥1,650(税込) ▼お求めはamazon https://j.mp/3dGrhTU

  

宗像 善樹  [書籍, 本, アートギャラリー・書籍・俳句, 本・音楽・映像/関東地方] 週刊新潮 (2021.04.08)
39211
『平和へのメッセージ』残された言葉といのちの物語

人には、つないでいくべき言葉がある 自分の机の上のトンボ鉛筆を見るたびに思い出される光景と共に、先の戦争がもたらした悲劇を描いた表題作「平和へのメッセージ」をはじめ、いのちと平和への想いと共に綴られた4編の作品を収めた短編集。 発行/22世紀アート Kindle版・23頁 定価/¥600(税込) ▼お求めはamazonへ https://j.mp/3rZWQhL

  

鬼木 一直  [書籍, 本, アートギャラリー・書籍・俳句, 本・音楽・映像/関東地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2021.04.07)
38195
親の小さな心がけで、子どもの未来は大きく変わる『デキる社会人になる子育て術』

・「社会人の能力は会社で鍛えられる」は大間違い ・勉強は「キリの悪いところ」で終わらせる etc. 前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力が身に付き、 子どもの可能性を伸ばす家庭教育メソッド。すぐに役立つ、 子どもがすくすく育つ。企業のマネジメントと、 教育現場での気付きから体系立てた実践的教育論。 発行/幻冬舎 四六判・174頁 定価/¥1,320(税込) お求めはamazonへ...

  

及川 陽  [書籍, 本, アートギャラリー・書籍・俳句, 本・音楽・映像/関東地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2021.04.07)
38067
テムズ川の水は隅田川の水とつながっている。

春・必読! 人生で一度は楽しみたい『運河の旅』 そこに住む人々のくらしのスタイルが見える 本書は環境保全やレクリエーションの観点からも注目されているその運河についてスウェーデン、フランス、イタリア、イギリス、ベルギー、ロシア、中国、ベトナムの運河を実際に巡って旅をした記録と日本の運河について考察した小論を収めた作品である。 発行/22世紀アート Kindle版・430頁 定価/¥1,000...

  

神部 龍平  [書籍, 本, アートギャラリー・書籍・俳句, 本・音楽・映像/東北地方] LEE (2021.04.07)
38312
『ぼく、母さんとママ食ってきた』

内気な性格で無口な小学二年生の公夫が、ある朝めずらしく、先生たちに自分から挨拶をした。舌足らずでふしぎな言葉には実は深い意味が込められていた。そこに隠された本当の気持ちと向き合う。作者が教育現場で経験した出来事をもとに教師と子どもたちの心の交流を描いた感動の実話25編を収録。子どもの気持ちがわからない、子育てに迷っているという人にぜひ読んでほしい、心温まる一冊。 発行/22世紀アート Kind...

  

戻る