アートギャラリー

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

森永 泰信  [アートギャラリー/東海地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2018.08.02)
22760
「人間」という「存在」を露わにする

『人間とは何者なのか』 人間には「差」があり、その「差」が「個性」を生み、人間社会に複雑さをもたらす。 さまざまな観点から「人間」という「存在」を考察、検証した意欲作。 「人間とは何者なのかと考えると、一般的に言われているほど、重要な存在であるとも思えない感覚に襲われる。 ……優劣の格差を超越しない限り、社会不安や戦争への恐怖から逃れられないのである」(本文より) 発行/文芸社 四六判・68頁...

  

名村 忠  [アートギャラリー/関東地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2018.08.02)
26534
『ヘルマン・ヘッセの二極性愛と自由への求道者』

ノーベル賞作家、ヘルマン・ヘッセの作品や資料を丁寧に分析、研究した著者は、折々に込められた二極性に気づく。 「二極性の統一の模索が真の人間、自由への模索、幸福への魂の遍歴であったことをヘッセの人生と作品に見た」という、ヘッセ論の集大成。 発行/文芸社 定価/¥1,512(税込) 四六判・254頁

  

山田 瑶子  [本, アートギャラリー, 本・音楽・映像/関東地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2018.08.02)
27598
クラムボンから苦楽無梵への軌跡

“新年度 教育指導者必読の書” 推薦教材図書 『やまなし「再考」』 難解な作品でありながらも、この不思議なお話の世界が大人になっても心のどこかに引っかかっている人は結構いるのではないかと思います。 発行/山田瑶子 定価/¥1,000(税別) 四六判・264頁

  

下田繁  [文芸, アートギャラリー/関東地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2018.08.02)
10627
心癒せる心象世界

『猿の沐浴』 おだやかな気分にさせてくれる氏の画流は、独自の墨幅(グラデーション)を巧みに操り、墨芸の良さを実に上手く伝えてくれる。 珠玉の作品世界。 【下田繁衍Internet美術館】 下記リンクよりご覧ください。

  

大館光子  [文芸/関東地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2018.08.02)
12144
『蝉しぐれ』

蝉しぐれに 追われる心を流れに浸す 水の底で携帯が鳴る いつだったか 平成大橋から川岸の岩に佇つゴイサギを見て ―そこだけの黝い不思議な静寂に― つい 落とした携帯だ 電話の相手は国東半島 山道で鹿に逢うという話を聞いていた時 少し獰猛な国東の鹿に 電波は蹴散らかされたことにし― 今地震 洪水 台風に 国東半島が揺らぐ 美しい列島が翻弄される 水底から拾いあげて あの日の続きを話そう 武...

  

戸田山 幸子  [アートギャラリー/関東地方] デイリースポーツ新聞大阪本社版 (2018.08.01)
32276
〝生かされた〟という思い

平成十六年十月八日 世の人の 心ここに あらざれば 人生くるには なおもむずかし むずかしと 思えばさらに 止まりて 神のみもとは はるかなるらん 生き生きて なおも結ばぬ 実とても 神のみもとに 実にてあるらし 発行/文芸社 B6判・180頁

  

星 一彰  [アートギャラリー/北海道] デイリースポーツ新聞大阪本社版 (2018.08.01)
32257
『福島県のスキー文化』

私の父方の曾祖父は福島県会津地方に隣接する雪国、新潟の長岡藩士であった。 雪の自然は、人々の夢をつくる核でもある。そこでスキーを通して考えた時、地域の文化活動での福島県のスキー文化はどうであろうか、少し心が寒くなるような現実を認識せざるを得ないようだ。 福島県内にもノルウェーのスキー博物館のようなセンター的な機能を有する施設が設置されることを期待したい。 発行/22世紀アート Kindle版...

  

伊藤 喬子  [アートギャラリー/近畿地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2018.07.31)
32089
家族の大切さを感じさせる一冊

『心のぬくもり』 「…あなたは、お金に不自由しない方です」と占い師に言われた言葉が紹介されている。 結婚10年目にして夫の死。それから3人の子育て、勤め。 決して平坦ではなかった半生を振り返って、今の幸せをかみしめている著者のいわゆる自分史エッセイ。 発行/文芸社 定価/¥1,080(税込) 四六判・112頁

  

坪 圭介  [アートギャラリー/東海地方] スポーツニッポン新聞西部版 (2018.07.30)
31972
航空機産業復活に人生を捧げた技術者たちの物語

戦後10年間、日本は航空機の製造や研究を中止された。 その間、世界の航空機産業の中心はプロペラ機からジェット機に移っていた。 日本の航空機製造技術は時代遅れとなり、日本の技術者はその遅れを取り戻すことから始めなければならなかった。 川崎航空機工業の技術者として「航空機産業の復活」の中心的役割を果たし、高度成長の推進力となった技術と創意と意地がここにある。 『野武士の航空機づくり』 発行/文芸...

  

戻る