トピックス RSS 配信中!
北村 道昭  [アートギャラリー・書籍・俳句/関東地方] 婦人公論 (2019.08.27)
32537
令和 初の終戦記念日に向けて

3月より全国10店舗に1年間常備配本中! 人生を振り返り、戦争を知る最後の世代として、戦争の不毛さ、悲惨さを次世代に伝え、平和を守るために役立てたいとの思いで著した一冊。 発行/文芸社 四六判・224頁 定価/¥1,296(税込)

  TEL 

櫻井 律好  [アートギャラリー・書籍・俳句/関東地方] 婦人公論 (2019.08.27)
34515
『中今』

※独立書人団参事

  TEL 

三宅 正起  [アートギャラリー・書籍・俳句/近畿地方] 婦人公論 (2019.08.27)
34581
『答えのない社会』―気付き ―

困ったり、悩んだり、失敗した時の参考になればと書いた本です。これからの時代は、志、マネジメント力、実行力、先読みが最も大切と私は考えます。どのようにすれば「やる気」になり、「やる気」にさせられるか。答えのない社会、激変の時代を生き抜いて下さい。 発行/ギャラクシーブックス ペーパーバック版・144頁 定価/¥1,350(税込)

  TEL 

大沢 勝  [アートギャラリー・書籍・俳句/東海地方] 婦人公論 (2019.08.27)
34622
『古稀 つれづれの記』 大学・福祉・ひと三題

「私の歩みは気まぐれで、ジグザグした山道を散策しているようなものだった。ふと気がつくと、すでに「古稀」を迎えていた。(中略)著者がこれまでに書き・話してきたものをまとめた一冊。「大学私論の軌跡」「福祉における優しさに満ちた人間の世紀」「現代社会の危機感」で内容構成された、著者の思想が詰まった文集。 発行/22世紀アート Kindle版・320頁 定価/¥750(税込)

  TEL 

青山 昭吉  [アートギャラリー・書籍・俳句/東海地方] 婦人公論 (2019.08.27)
26057
『ケンカとイジメの物語』

学区変更で、今まで南小学校に通っていた子どもだちが、北小学校にやってきた。組分けをした新4年生の西組では、2日目にケンカが起こり…。 小学校におけるケンカとイジメを描いた、元教師による創作物語。学校での喧嘩、暴力、イジメ、不登校、学級崩壊などの問題を考えるための一冊。 発行/羽衣出版 四六判・272頁 定価/¥1,500(税込)

  TEL 

戸山 和子  [アートギャラリー・書籍・俳句/関東地方] 婦人公論 (2019.08.27)
34612
戸山 和子

『見て聞いて101日間の地球一周船旅』 ピースボートに乗って地球を一周。七つの海と二大運河を通り、さまざまな国の文化と人々の息吹を、見て、聞いて、感じて、意識の中に地球全体がどっしりと根付いていく。 発行/日本図書刊行会 B6判・242頁 定価/¥1,620(税込) 発行/22世紀アート Kindle版 定価/¥700(税込)

  TEL 

甲田 繁則  [アートギャラリー・書籍・俳句/近畿地方] 婦人公論 (2019.08.27)
32518
子育ての強い味方!著者の社会的経験からなる一冊

『自尊心を育てて「前向き」な子に 乳幼児〜思春期の育児ポイント』 自尊心の育った子は、いじめをしない。 自尊心の育った子は、利己主義に走らない。 自尊心の育った子は、夢を持ち、前向きに生きる。 発行/文芸社 四六判・180頁 定価/¥1,080(税込) Kindle版 定価/¥756(税込)

  TEL 

榎本 昭  [アートギャラリー・書籍・俳句/関東地方] 婦人公論 (2019.08.27)
34558
『人類の幸福のために英知を』

人類の発展は言語発達や化学の進歩もあるが、互いに協力する事で現在に至っている。もしも協力なしに争いにより勢力を拡大しても、一時的繁栄にとどまったであろう。現代世界は自国の都合のみを考えて行動した結果混乱を招いている。地球温暖化や海洋汚染の問題、経済変動も地球規模で変化する現代においては一国一地域のみの議論では本当の解決が難しい。狭い自国中心的視野の考察では問題解決できない時代になった。広いグロー...

  TEL 

田中譲治  [文芸/関東地方] 婦人公論 (2019.08.27)
21184
「歯科インプラント講座」

―「健康長寿」につながるインプラント治療 読んで納得! しっかり噛めて美しい「健康長寿」につながるインプラント治療。 「インプラントに興味があるけど、どんな治療法?」「痛くないかしら?」などあなたの疑問を解決する一冊! 認知症、糖尿病、心臓病、ガンの予防にもつながる「歯の大切さ」を正しく理解しましょう。 インプラント治療に力を入れている「全国優良歯科医院」一挙掲載! 発行/阿部出版 定価/...

  TEL 

門所 詠子  [アートギャラリー・書籍・俳句/中国地方] 婦人公論 (2019.08.27)
32715
『うじんくんとさじんくん』 ―いのちのおはなし―

あるところに頑張り屋ですがわがままで、子どもが大好きなあまり、息子たちに文句ばかり言っているおばあさんがいました。 その様子をおばあさんのおなかの中の「うじんくんとさじんくん」が心配そうに見続けていました。 二人は話し合い、ひそかに決死の計画を実行することにしたのです─。 人を思いやることの大切さを気付かせる絵本。 表紙画:著者 *推薦図書 *優秀装丁

  TEL 

戻る