トピックス RSS 配信中!
椎名 修  [ビジネス関連サービス, 本, ビジネス・サービス・教育・資格, 本・音楽・映像/関東地方] 婦人公論 (2018.10.23)
32613
具象的な神は古く 抽象的な神は新しい

人類の誕生から考える「神」様の歴史 「神」とは、最初から見えないものとして登場するはずはなく、必ず、その前の段階、そこに至る「成長史」があるはずなのだ。 人類の誕生からさかのぼり、見えない神よりも遥かに古い「神様」の歴史を、広く探究した一冊。 発行/文芸社 四六判・124頁 定価/¥1,188(税込)

  TEL 

武井 蘭峰  [本, 本・音楽・映像/近畿地方] 婦人公論 (2018.10.23)
32151
願望物質化のメカニズム『花山に仙人を求めて』

ある時は深山にこもって、断食と祈り(瞑想)。 ある時は厳寒の滝に打たれ―。 かくして五十有余年の苦行の末、ついにたどり着いた、前代未聞の「願望実現の原理・法則」を説いた一冊。 求道者、霊能者、その他願望を実現させる方法を求めている人必読の書である。 発行/Book Way 四六判・350頁 定価/¥3,024(税込)

  TEL 

山田 道幸  [アートギャラリー/関東地方] 婦人公論 (2018.10.23)
32661
『ホスピタル、徂ったり徠たり』 ―荻生徂徠が夢みた、理想郷―

著者は長い入院の徒然の中で、何故か、ふと地元の偉人「徂徠」を感じた。 そして江戸中期の儒学者・荻生徂徠や、入院生活中にあった出来事などを綴った作品とした。 徂徠が夢見た調和の取れた理想郷がそこに見えた。 発行/千葉日報社 四六判・160頁 定価/¥864(税込)

  TEL 

置鮎 俊一  [アートギャラリー/関東地方] 婦人公論 (2018.10.23)
32683
おやじ園長が伝える子育て論で「親育ち」

『一杯のチョコレートから「子どもたちの笑顔」へ』 これは子育てのマニュアル本ではありません。 子育てで必要なことは、たった1つのシンプルなことだけです。 子どもたちが、自分で答えを出せる大人になることです。 親であるあなたも、子育てをしながら「親育ち」を楽しんでみませんか。 発行/ギャラクシーブックス 四六判・138頁 定価/¥1,490(税込)

  TEL 

曽根 昭十四  [アートギャラリー/近畿地方] 婦人公論 (2018.10.23)
32716
『暦 ― 千年の孤独 』

由良のとを渡る 舟人かじをたえ ゆくえもしらぬ 恋のみちかな 平安歌人・曽根好忠の数奇な一生を、恵心憎都源信、藤原頼忠、源順、藤原道長、紫式部らの言葉を通して描いた小説。 発行/日本文学館 B6判・126頁 定価/¥972(税込)

  TEL 

上山 大峻  [アートギャラリー/中国地方] 婦人公論 (2018.10.23)
32485
みすゞの詩の魅力を解いた著書

著者は金子みすゞの故郷、仙崎の近く(山口県)にある浄土真宗の寺の住職でもある。 彼女(みすゞ)の詩篇には「仏さまの心が宿っている」と言う。 本書は「僧侶(浄土真宗)として、また、同じ地域に育ったものとして、できるだけ彼女の心に近づいてみたい」との思いで著した一冊。 『金子みすゞがうたう心のふるさと』 発行/自照社出版 B6判・130頁 定価/¥1,080(税込)

  TEL 

前田 彰一  [アートギャラリー/関東地方] 婦人公論 (2018.10.23)
32726
『中欧への旅 ―歴史と文化の風景を求めて』

多様な言語・文化によって織り成される中欧について、さまざまな視点から考察し、その実像と虚像に肉薄する。 ヨーロッパ統合の駆動力として働いた「中欧」地域に的を絞り、19世紀以降の歴史・文化を中心に論じた。 発行/日本文学館 B6判・122頁 定価/¥864(税込)

  TEL 

いよのいし  [文芸/四国地方] 婦人公論 (2018.10.23)
30974
日本のことばで宇宙をひもとく―附・論文「光より速いニュートリノの謎解明!!」

いよのいし ■日本のことばで宇宙をひもとく―附・論文「光より速いニュートリノの謎解明!!」 ◆今日の話題社 ◆382頁・四六判 ◆¥2799(税込382)

  TEL 

山口 文弘  [アートギャラリー/九州・沖縄] 婦人公論 (2018.10.23)
32728
幸福とは、肉体を満足させることではない

『こころの宝典』 肉体は人間そのものではない。 人間の本体は生命であり、神の子であるとする著者。人間の主体は心である。 そして肉体の人間観から心の人間観へと改められれば、「善」である人間の本性が光り輝いてくる。 本書は、人が幸福になるための心のあり方を教示した待望の書である。 発行/文芸社 B6判・234頁 定価/¥1,620(税込)

  TEL 

藤わら テル  [アートギャラリー/関東地方] 婦人公論 (2018.10.23)
32736
『心のアルバム』

我が人生を振り返り、著者が思い出すままに綴ったエッセイ。 「苦労ばかりの人生と思っておりましたが、良かったこと、嬉しかったこと、幸せだったことが同時に思い出され、苦労には幸せが多く伏在していることを実感しました。狭い四畳半が幸せな夢を実現する原点だった……」と。(「あとがき」より) 発行/文芸社 四六判・170頁 定価/¥1,080(税込)

  TEL 

戻る