トピックス RSS 配信中!
玉城 豊  [アートギャラリー/近畿地方] 婦人公論 (2018.08.28)
32332
『平安を伝える ― 子育て講演集 ―』

平安は「近づけられ、教えられ」るべきだと著者。子供はこの世界が生きるに値する美しい世界だと知らねばならないと語る ―。 非売品 *フェイスブックも是非ご覧ください。

  TEL 

御石 芳枝  [アートギャラリー/近畿地方] 婦人公論 (2018.08.28)
32223
京都を舞台におくる世にも奇妙な物語3編

『京都 山崎物語』 「松田松屋」人の名前とは到底思えない。 これが僕の名前である。 京都大山崎に住む平凡な大学生松田松屋は、自分の名前がずっと嫌いだった。 しかし卒論のテーマに地元の『油商売の歴史』を選ぶ事により、自分と同じ名前のご先祖に出会いやがて…。 発行/風詠社 定価/¥864(税込) B6判・112頁

  TEL 

おさ・みのる  [アートギャラリー/近畿地方] 婦人公論 (2018.08.28)
32291
日本語教師と中国の学生との交流を描く小説

『海橋(かいきょう)』 歴史問題を抱えた中国と日本。 二国間ではなかなか進まない関係も、個人レベルになれば違ってくる。 大切なのは、過去の歴史をつらいところも包み隠さず教育を続けていくこと。 日本語教師として中国の青島へ赴任した磯村と学生との心温まる交流と絆を、精緻な筆致で描く小説。 発行/文芸社 定価/¥1,512(税込) 四六判・288頁

  TEL 

星 一彰  [アートギャラリー/北海道] 婦人公論 (2018.08.28)
32257
福島県南会津をこよなく愛してやまない

『福島県の自然保護の歴史』 発行/22世紀アート 定価/¥500(税込) Kindle版 自然保護運動の原点は「尾瀬」といわれる。 尾瀬は関東地方と東北地方の接点にあり、日本海側と太平洋側の境界でもある。 福島県の自然保護について、歴史と思想の本記述が福島県の、そして日本の未来を考える大きな示唆になることを祈りたいと思う。

  TEL 

石川 洋一  [アートギャラリー/関東地方] 婦人公論 (2018.08.28)
32333
『ユダヤ人はなぜ、選民なのか?』― 和解の福音 ―

著者は本書を執筆する中で、創世記から黙示録までを見る思いがしたと記している。 さらに、その偉大な計画の着実な進行と、聖書にある神の国の実現化のために神様が働かれていることが伝わると語る。 発行/いのちのことば社 定価/¥2,160(税込み) B6判・416頁 *日本イスラエル親善協会理事 *相模原教会牧師

  TEL 

戸田山 幸子  [アートギャラリー/関東地方] 婦人公論 (2018.08.28)
32276
〝生かされた〟という思い

『ひとひらのさくらに』 発行/文芸社 定価/¥1,404(税込) B6判・180頁 東京大空襲を生き延びた女性が、結婚・離婚後、子育てをする中で神秘体験をする。 猿田彦大神、伊勢の大神等の神々に導かれながら、伊勢神宮、椿大神社、春日大社、石上神宮、北海道神宮等、全国の神社を巡り、椿大神社宮司や皇祖皇太神宮管長のご指導もあって、そのときどきの神様のお言葉を歌や文章に託してきた。 今回、2011年...

  TEL 

戸田 等  [アートギャラリー/関東地方] 婦人公論 (2018.08.28)
32213
ダイアナ妃に遺言状があったことは、日本人はほとんど知らない―

『弁護士物語』第二巻 ダイアナ妃の遺言状(※)を入手した著者は、それを本邦初翻訳し、ウィリアム王子とヘンリー王子に何を伝えたのかを知った。「人は、人を愛すると優しくなる。法律を愛すると冷たくなるのか?」 この本は、弁護士である著者が遺言状から感じたことを、稼業の合間に綴ったロマンと情熱溢れる一冊である。 発行/新潮社図書編集室 定価/¥1,512(税込) B6判・240頁

  TEL 

田中譲治  [文芸/関東地方] 婦人公論 (2018.08.28)
21184
「歯科インプラント講座」

―「健康長寿」につながるインプラント治療 読んで納得! しっかり噛めて美しい「健康長寿」につながるインプラント治療。 「インプラントに興味があるけど、どんな治療法?」「痛くないかしら?」などあなたの疑問を解決する一冊! 認知症、糖尿病、心臓病、ガンの予防にもつながる「歯の大切さ」を正しく理解しましょう。 インプラント治療に力を入れている「全国優良歯科医院」一挙掲載! 発行/阿部出版 定価/...

  TEL 

坪 圭介  [アートギャラリー/東海地方] 婦人公論 (2018.08.28)
31972
戦後、我が国の航空機づくりの第一人者として戦ってきた

戦後10年間、日本は航空機の製造や研究を中止された。 その間、世界の航空機産業の中心はプロペラ機からジェット機に移っていた。 日本の航空機製造技術は時代遅れとなり、日本の技術者はその遅れを取り戻すことから始めなければならなかった。 川崎航空機工業の技術者として「航空機産業の復活」の中心的役割を果たし、高度成長の推進力となった技術と創意と意地がここにある。 『野武士の航空機づくり』 発行/文芸...

  TEL 

藤原 慶子  [アートギャラリー/関東地方] 婦人公論 (2018.08.28)
32343
壮大な宇宙空間を感じさせる現代アート

『コスモス』第56回記念日府展出品作 作者は一生涯絵描きでありたいと強い信念を持ち、作品と向き合っている。 その筆致から制作への情熱を感じる。 *一般社団法人日本画府参事

  TEL 

戻る