トピックス RSS 配信中!
株式会社Gratiae グラチア  [水・ミネラルウォーター, 食べ物・飲み物, 飲み物/関東地方] 婦人公論 (2018.05.22)
31388
細胞を潤す水!プラズマ解離水

“水素原子=プロトン” にまで解離させる事によって、いきものが本当に必要な水,プラズマ解離水。 細胞まですばやく届く細胞内液に最も近い水をつくりました。 "プラズマ解離水‟を飲むことでエイジングケア※にもつながります。 ※年齢に応じたケア 1ケース 500ml×24本入り 3,600円(税別)

東京都港区芝浦4-9-35 17F-05  TEL 03-3453-6544

吉村孝雄  [文芸/中国地方] 婦人公論 (2018.05.22)
31582
原子力発電と平和―キリスト者の視点から

吉村孝雄 ■原子力発電と平和―キリスト者の視点から ◆A5版(縦21cm、横15cm)121頁。 ◆定価 500円(税込)送料100円 ◆(なお、2~5冊までの送料300円、10冊まとめて購入の場合は、価格は3000円、送料500円とします。) ・発行所 いのちの水社 〒773-0015 徳島県小松島市中田町字西山91の14 ・郵便振替番号 01630-5-55904 ・加入者名...

  TEL 

海老名卓三郎  [文芸/東海地方] 婦人公論 (2018.05.22)
31545
『頭は文明に 体は野蛮に』

海老名 卓三郎 『頭は文明に 体は野蛮に』 ―海洋地質学者、父・田山利三郎の足跡 パラオ共和国・ニューギニア島・南洋群島・明神礁などを描き仏教的な平和の思想に帰着する、私的文化人類学的考察第2弾。 発行/近代文藝社 定価/\1,620(税込) A5判・98頁

  TEL 

金井未来男  [文芸/関東地方] 婦人公論 (2018.05.22)
31624
小説『みつ』

小説『みつ』 貧に生まれ、貧に死んだ一人の女。明治・大正・昭和3代にわたる60余年の生涯をひたむきに生きる姿を描く。同人雑誌『かぶらはん』に昭和49年から連載されたものに加筆。 発行/鳥影社 定価/\1,620(税込) 四六判・306頁

  TEL 

福田幹久  [文芸/中国地方] 婦人公論 (2018.05.22)
24680
在宅医療なら患者も家族も笑顔になれる

福田幹久 ■在宅医療なら患者も家族も笑顔になれる ◆著書

  TEL 

児島百代  [文芸/関東地方] 婦人公論 (2018.05.22)
31427
ももは歌い 詩う (私の心の軌跡)

児島百代  ■ももは歌い 詩う (私の心の軌跡) ◆高校時代から、詩を書きとめ続けた1冊のノート。内に秘められた葛藤と熱い想いを、今解き放ち、77年の半生を綴る。 東京芸術大学を卒業後、音楽教師として北鎌倉女子学園の音楽科の創設や、高校コーラス部を率いてコンクール全国大会4回出場、そしてグロリア少年合唱団の育成にも携わった筆者。自ら指揮者としてタクトを振る音楽家、そして声楽家としての顔をあわせも...

  TEL 

白木 恵委子  [アートギャラリー/関東地方] 婦人公論 (2018.05.22)
26918
命の尊さ 生きる喜び

白木 恵委子 【推薦図書】 『津波から生きのびた馬』 南相馬市で津波に遭い、生き延びた馬を題材にした童話。全てを飲み込んだ大津波。真っ黒な海の中、馬たちは懸命だった。体は傷つき、土砂にまみれ、川辺に辿り着く。しかし、そこは原発事故で立ち入りが禁止されていた区域…。馬と人の絆、そして命の尊さ、生きる喜びのストーリー。 発行/遊行社 定価/¥1,404(税込) A5判・64頁

  TEL 

妻鹿 友弘  [本, 本・音楽・映像/近畿地方] 婦人公論 (2018.05.22)
30419
『妻鹿友樵 作品集 七弦琴・漢詩・書画等 文人の世界』

琴を本当に愛した妻鹿友樵の世界を漢詩と書を通して味わえる一冊。 発行/妻鹿 友弘 定価/¥2,000(税別)A4判・168頁

  TEL 

髙木千代子  [文芸, アートギャラリー/九州・沖縄] 婦人公論 (2018.05.22)
30185
『髙木千代子作品集』

志賀島を愛した日本画家。 その自然の美しさ 地元野球選手と大岳球場でのふれあい… 画:髙木千代子 監修:長谷川 栄 発行/美術の杜出版 定価/作品集:2,000円(税別)   電子書籍:1,000円(税別) 収録作品『秋意』 145.5×112cm(F80) 岩絵具・麻紙 2001年 これまでの紙面での作品鑑賞、誠にありがとうございます。 今後も作品販売に力を入れていきます!(作者より)...

  TEL 

有馬昭平  [文芸/関東地方] 婦人公論 (2018.05.22)
31606
『古カトリック教会の形成における国家の役割』 「エドモント・フッサールの現象学の近代哲学史上の新紀元」

有馬昭平 ■『古カトリック教会の形成における国家の役割』「エドモント・フッサールの現象学の近代哲学史上の新紀元」 「歴史には事件史と、全体を俯瞰する通史があると思う。歴史を正しく捉えるには、それまでの通史を学ぶ必要がある」 (「はじめに」より) *日本基督教団隠退牧師 発行/キリスト新聞社出版事業部 定価/\1,000(税込) 四六判・210頁

  TEL 

戻る