トピックス RSS 配信中!
塩見 弥一  [アートギャラリー・書籍・俳句/東海地方] 週刊新潮 (2020.06.11)
36665
『明智光秀』

本能寺までの道のりを辿る史跡写真とその解説集 史跡写真(66か所) 塩見 弥一 発行/22世紀アート Kindle版・319頁 定価/¥1,000(税込) お求めはamazonから https://j.mp/3dV8gfh

  TEL 

福永 晋三  [アートギャラリー・書籍・俳句/九州・沖縄] 週刊新潮 (2020.06.11)
36633
倭歌から解き明かす古代史の謎「真実の仁徳天皇」

古代史ファン必読の書「邪馬台国 田川説!」 聖帝伝説の仁徳天皇はオオサザキにあらず。後世、「仁徳」と称せられた天皇に起きた事件の真相を千数百年ぶりに復元する。倭歌は歴史事実を詠う。 全国邪馬台国連絡協議会九州支部副支部長(福岡県本部長) 福永 晋三 著 発行/22世紀アート  Kindle版・270頁 定価/¥1,000(税込) YouTubeにて「福永晋三」で検索!

  TEL 

庵名 路久  [アートギャラリー・書籍・俳句/北海道] 週刊新潮 (2020.06.11)
36662
『お助けマンション管理士』

マンションのトラブルは管理士におまかせ!騒音、ペット、管理費の滞納等、身近な悩みからユニークな依頼まで様々な事件をマンション管理士が華麗に解決する!面白くてためになるライトな謎解き短編集。 発行/22世紀アート Kindle版・102頁 定価/¥500(税込)

  TEL 

保科 齊彦  [アートギャラリー・書籍・俳句/中部地方] 週刊新潮 (2020.06.11)
36631
狐火騒動と加賀藩主の『参勤交代』

怪火?鬼火?燐火?狐火騒動、再調査!!文化8年(1811)6月から11ヵ月の間に88件もの不審火が発生。「狐火」の真相を探ると、加賀・富山藩が溶け合う村の過酷な宿場負担が浮かんでくる… 発行/22世紀アート Kindle版・198頁 定価/¥880(税込)

  TEL 

劔 邦夫  [アートギャラリー・書籍・俳句/関東地方] 週刊新潮 (2020.06.11)
36638
『健康に長生きするための本』

エネルギー代謝のリズムを整えて、ガン・うつ・糖尿病を防ぐ ミトコンドリアを活性化させ、エネルギー代謝のリズムを整えて、究極の健康を手にいれよう。 発行/22世紀アート Kindle版・115頁 定価/¥800(税込) 劔 邦夫

  TEL 

山内 幸彦  [アートギャラリー・書籍・俳句/近畿地方] 週刊新潮 (2020.06.11)
36645
「青春の航跡」外航船員の私がみた世界

30年に及ぶ外航船の船員生活、寄港した40余りの国、そこで触れ合った人々との忘れがたい思い出——あるときはハリウッドで、あるときは巴里で、あるときはアフリカで。外航船員の作者がみた、世界中の風景を描いたエッセイ集。「文字通り私自身の青春の『航跡』の一端として、拙い文章ですがご笑覧頂ければ幸せです。」(あとがき) 発行/22世紀アート Kindle版・282頁 定価/¥800(税込)

  TEL 

木本 泉  [アートギャラリー・書籍・俳句/中国地方] 週刊新潮 (2020.06.11)
36639
『安芸国の中世をゆく』平家滅亡から関ヶ原の戦いまで

安芸国の中世にはどのような歴史が展開されたのか、その流れをひも解こうとしたのがこの本である。 発行/22世紀アート  Kindle版・316頁 定価/¥800(税込) 木本 泉

  TEL 

藤井 滋生  [アートギャラリー・書籍・俳句/東海地方] 週刊新潮 (2020.06.11)
36670
近代日本の悲劇と戦国残照

『花綵列島(カサイレットウ)一九八三真珠湾(パールハーバー)』 発行/22世紀アート  Kindle版・204頁 定価/¥500(税込)

  TEL 

生田 澄江  [アートギャラリー・書籍・俳句/関東地方] 週刊新潮 (2020.06.11)
36520
「瓜生繁子」を知っていますか

もう一人の女子留学生『瓜生繁子』 発行/22世紀アート Kindle版・352頁 定価/¥800(税込) 津田梅子、大山捨松と共に日本初の女子留学生として渡米。 自立的に生きた典型的なヒロイン・瓜生繁子のしなやかな生涯を知る一冊。

  TEL 

楠 峰光  [アートギャラリー・書籍・俳句/九州・沖縄] 週刊新潮 (2020.06.11)
36680
『異形の人たち』歴史の中の障害福祉

歴史上、垣間見える障害児・者の姿、またその処遇については考えさせられることが多い。この日本列島の何万年も続いてきた社会の中、認知症や知的障害・身体障害の人達は一定数を占めてきたはずである。統計的にみてもこれら異形の人達は恒常的に人口のうち一定の割合を占める。家族や社会との関わりやその生の営みは遠い昔はどんな風だったのであろうか?長年社会福祉に関わり実践してきた著者が歴史上の人物から障害福祉を考察...

  TEL 

戻る