アートギャラリー アクセスランキング
大館光子  [文芸/関東地方]
12144

旅の人

詩(特別編集)

遠い国々をめぐってきた人は
緑色のハンカチを広げて
ヒースの花を咲かせてみせた
トランクを開けると
ブローニュ森のリスや
バルセロナの波止場の野良犬や
ジャニコロの丘のかんらんの
葉をくわえた
鳩なんかが、
ワッとぶつかり合いながらとびだした
さすがにすこし疲れた人は
ソファにしばらく
まどろむらしい
膝掛けをオーロラの色に
染ませながら


大館 光子



  

大館光子  [文芸/関東地方]
12144

「今を」

川岸に佇むと
昔が寄せてくる 千切っても千切れない
若布にような尾を揺らして

寄り添う白い猫も そよぐ茅花も
今だけを生きるという
シンガポール会談の行方も
南海トラフのうごめきも
のぞみ二六五号の悲惨とも 無縁に

今をただひたすらに生き
過去もなく未来もなければ
空の色 水のささやき 
アカシアの葉擦れの音は
私の感じるものとは違うだろう

一時でいい 彼らの境に浸りたい
そのために過去も未来も消えるとしても

川よ 今だけを映して行け
白い両の耳が ひくっと動く
茅花が足を掠うかにそよぐ――

詩集『白い月・大館光子詩集』



  

大館光子  [文芸/関東地方]
12144

『蝉しぐれ』

蝉しぐれに 追われる心を流れに浸す
水の底で携帯が鳴る

いつだったか
平成大橋から川岸の岩に佇つゴイサギを見て
―そこだけの黝い不思議な静寂に―
つい 落とした携帯だ

電話の相手は国東半島
山道で鹿に逢うという話を聞いていた時
少し獰猛な国東の鹿に
電波は蹴散らかされたことにし―

今地震 洪水 台風に 国東半島が揺らぐ
美しい列島が翻弄される

水底から拾いあげて あの日の続きを話そう
武蔵町のその人と 私はゴイサギのことも
水の滴る手を伸ばし 伸ばし 繋ごう
流れよ 足を攫うな
蝉しぐれのなか―



  

氏家富緒  [文芸/近畿地方]
18317

「人は皆、神によって生かされている」

―著者渾身の書2冊
年度優秀書籍(信仰部門)

『神の聖霊に導かれて生きよ』
―使徒行傳を読む
発行/ルネッサンスアイ
定価/1,404円(税込)
四六判・262頁
ーーーーーーーーーーーーーー
『イエス・キリスト』
発行/ルネッサンスアイ
定価/1,404円(税込)
四六判・214頁



  

神野戒zinnnokai.official.ec  [絵画, アートギャラリー/関東地方]
30373

あなたの想像を超える絵画世界へご招待

絵画の販売しております。その他多くの作品を展示中。
詳しくはHPへお越しください。snsでも作品公開中!

価格:10,000円〜(税込)



  

松尾善弘  [電子書籍(E-BOOK), 本, 文芸, 本・音楽・映像/九州・沖縄]
22886

ゼミの教材に最適です!

『大久保利通(甲東)漢詩集』
松尾 善弘(鹿児島大学名誉教授)

発行/斯文堂
定価/1,080円(税込)
A5判・278頁

電子書籍化5月中予定!

「講演会開催」承ります
日程等ご相談下さい。お問い合わせは下記まで。

097-553-2887
afn(エーエフエヌ)大分県大分市原新町11-27



  

氏家富緒  [文芸/近畿地方]
18317

「人は皆、神によって生かされている」

―著者渾身の書2冊
年度優秀書籍(信仰部門)

『神の聖霊に導かれて生きよ』
―使徒行傳を読む
発行/ルネッサンスアイ
定価/1,404円(税込)
四六判・262頁
ーーーーーーーーーーーーーー
『イエス・キリスト』
発行/ルネッサンスアイ
定価/1,404円(税込)
四六判・214頁



  

石田 邦雄  [アートギャラリー/北海道]
32071

やる気スイッチを入れてくれる一冊!

『縁を紡ぎ、人を育む』
―生き方・仕事ぶりを高める人生35訓

中小企業診断士やキャリアコンサルタントとして積み重ねてきた企業研修や講義、事例を凝縮し、経営者から管理職、新入社員まで、企業研修のサブテキストとして、あるいは朝礼の話題提供等にも。
エッセイのようなやさしい語り口で、心で感じる35訓。

発行/中西出版
定価/¥1,728(税込)
Kindle版 ¥1,600(税込)



  

松尾善弘  [電子書籍(E-BOOK), 本, 文芸, 本・音楽・映像/九州・沖縄]
22886

唐詩鑑賞法

松尾善弘
■唐詩鑑賞法
◆著書



  

松尾善弘  [電子書籍(E-BOOK), 本, 文芸, 本・音楽・映像/九州・沖縄]
22886

著者からのメッセージ「疑問を大切に、どこまでも真理を追究するということです。」

『大久保利通(甲東)漢詩集』増補版
監修:松尾 善弘
著者:藤田 悠子

大久保氏は詩作の際、漢詩の根幹をなす「平仄の規則」に忠実に従い、語法・語義にわたる漢語力を自在に駆使して、数こそ少ないが西郷漢詩に勝るとも劣らない作品を遺している。
発行/22世紀アート
定価/¥500(税込)
Kindle版



  

戻る