アートギャラリー・書籍・俳句 アクセスランキング
大館光子  [文芸/関東地方]
12144

『蝉しぐれ』

蝉しぐれに 追われる心を流れに浸す
水の底で携帯が鳴る

いつだったか
平成大橋から川岸の岩に佇つゴイサギを見て
―そこだけの黝い不思議な静寂に―
つい 落とした携帯だ

電話の相手は国東半島
山道で鹿に逢うという話を聞いていた時
少し獰猛な国東の鹿に
電波は蹴散らかされたことにし―

今地震 洪水 台風に 国東半島が揺らぐ
美しい列島が翻弄される

水底から拾いあげて あの日の続きを話そう
武蔵町のその人と 私はゴイサギのことも
水の滴る手を伸ばし 伸ばし 繋ごう
流れよ 足を攫うな
蝉しぐれのなか―



  

大館光子  [文芸/関東地方]
12144

詩『蜜柑』

蜜柑は淋しい
盛られていても 一つだけ転がっていても
朝の光の中でも
夕餉のテーブルの上でも

蜜柑は淋しい
あまりに鮮やかだからか
まるみが可憐だからか
手の中にしっとりと収まるからか

蜜柑は淋しい
主張を白い筋に包んで 柔らかな皮に包んで
いつか種もない ものに変えられて

蜜柑は淋しい
遠い日
日向の斜面で蒼いほど白い花だった日を
覚えているか
青い固い実をぶつけあい海風に騒いだ日も

蜜柑は淋しい
でもね 掌に載せて 灯の下で
あたためあおうとするものもいるのだよ



  

星 一彰  [アートギャラリー・書籍・俳句/北海道]
32257

『福島県のスキー文化』

私の父方の曾祖父は福島県会津地方に隣接する雪国、新潟の長岡藩士であった。
雪の自然は、人々の夢をつくる核でもある。そこでスキーを通して考えた時、地域の文化活動での福島県のスキー文化はどうであろうか、少し心が寒くなるような現実を認識せざるを得ないようだ。
福島県内にもノルウェーのスキー博物館のようなセンター的な機能を有する施設が設置されることを期待したい。

発行/22世紀アート
Kindle版
定価/¥800(税込)



  

いよのいし  [文芸/四国地方]
30974

日本のことばで宇宙をひもとく―附・論文「光より速いニュートリノの謎解明!!」

いよのいし
■日本のことばで宇宙をひもとく―附・論文「光より速いニュートリノの謎解明!!」
◆今日の話題社
◆382頁・四六判
◆¥2799(税込382)



  

星 一彰  [アートギャラリー・書籍・俳句/北海道]
32257

『福島県のスキー文化』

私の父方の曾祖父は福島県会津地方に隣接する雪国、新潟の長岡藩士であった。
雪の自然は、人々の夢をつくる核でもある。そこでスキーを通して考えた時、地域の文化活動での福島県のスキー文化はどうであろうか、少し心が寒くなるような現実を認識せざるを得ないようだ。
福島県内にもノルウェーのスキー博物館のようなセンター的な機能を有する施設が設置されることを期待したい。

発行/22世紀アート
Kindle版
定価/¥800(税込)



  

いよのいし  [文芸/四国地方]
30974

日本のことばで宇宙をひもとく―附・論文「光より速いニュートリノの謎解明!!」

いよのいし
■日本のことばで宇宙をひもとく―附・論文「光より速いニュートリノの謎解明!!」
◆今日の話題社
◆382頁・四六判
◆¥2799(税込382)



  

いよのいし  [文芸/四国地方]
30974

「邪馬台国」伊予の愛媛西条説 邪馬台国を地名から探る

いよのいし
■「邪馬台国」伊予の愛媛西条説 邪馬台国を地名から探る
◆未だ結論が出ない邪馬台国論争に一石を投じる!古代史において重要地点を占める伊予―その地名を辿り、独自の説を展開。
◆文芸社
◆3968円



  

大館光子  [文芸/関東地方]
12144

「今を」

川岸に佇むと
昔が寄せてくる 千切っても千切れない
若布にような尾を揺らして

寄り添う白い猫も そよぐ茅花も
今だけを生きるという
シンガポール会談の行方も
南海トラフのうごめきも
のぞみ二六五号の悲惨とも 無縁に

今をただひたすらに生き
過去もなく未来もなければ
空の色 水のささやき 
アカシアの葉擦れの音は
私の感じるものとは違うだろう

一時でいい 彼らの境に浸りたい
そのために過去も未来も消えるとしても

川よ 今だけを映して行け
白い両の耳が ひくっと動く
茅花が足を掠うかにそよぐ――

詩集『白い月・大館光子詩集』



  

矢部智堂  [人形美術/]
3258

『しのぶ』

■木彫木目込
第48回日本伝統工芸展出品

高さ:24cm



  

星 一彰  [アートギャラリー・書籍・俳句/北海道]
32257

『福島県のスキー文化』

私の父方の曾祖父は福島県会津地方に隣接する雪国、新潟の長岡藩士であった。
雪の自然は、人々の夢をつくる核でもある。そこでスキーを通して考えた時、地域の文化活動での福島県のスキー文化はどうであろうか、少し心が寒くなるような現実を認識せざるを得ないようだ。
福島県内にもノルウェーのスキー博物館のようなセンター的な機能を有する施設が設置されることを期待したい。

発行/22世紀アート
Kindle版
定価/¥800(税込)



  

戻る