• 基本情報
  • クーポン
  • プレゼント
株式会社 JLG Industries Japan
28215

※画像をクリックで拡大表示します
このエントリーをはてなブックマークに追加

高所作業車 JLG最新鋭機種登場

『JLG コンパクトクローラーブームシリーズ』(12、17、21、24m)
最小79cmの狭い車幅と軽量ボディで、今まで出来なかった高所作業に貢献します。リチウムイオンバッテリー式、またはガソリン、ディーゼルエンジンからお選び頂けます。

『JLG テレハンドラー』
2.5〜4tまでの定格荷重と、伸びるブームで最大17mまでの揚重。アタッチメント交換で様々な作業を1台でこなします。バケットアタッチメントですくって運搬。クランプアタッチメントでつかんで運搬。

【当社について】
自走式高所作業車で世界トップシェアを誇る米国『JLG Industries』社の日本支社『株式会社JLG Industries Japan』が日本製高所作業車では届かない高所の作業も可能にする最大56.6mの直伸式ブームリフトと構造物や障害物を越えて作業可能な最大38mの直伸式ブームリフトなどを中心にラインアップしております。



『JLG マストブーム』
(6、8、9.8、13m)
バッテリー式で、静かに作業がはかどります。充電は100Vなので特別な設備は不要です。
L字を逆さにした形のブームで、障害物を乗り越えて対象に近付けます。
軽量、コンパクトで今まで高所作業車が使用出来なかった場所でも使える場面が多いモデルです。

『JLG ウルトラブーム』
(37、41、46、57m)
日本製ではありえない超高揚程、広大な作業半径で今まで手段が無かった超高所の作業にお使い頂けます。
トラック式の高所作業車のようなアウトリガ、ジャッキのセッティングも無く、上空に達してからの位置決め修正もブーム伸長のまま走行出来るため(走行速度は微速になります)一旦地上に降りて作業車をセッティングしなおす手間は不要で作業がはかどります。

『JLG 直屈伸式ブームリフト』
(10、14、18、24、38m)
作業床高10~38mまで11機種、ブームの中間でくの字に曲がり、高さ18mの障害物をまたいで水平に19m伸びるブームを備えています(1200SJP)。デザインが複雑な現代建築や近付きにくい入り組んだ対象物での作業がはかどります。
トラック式の高所作業車のようなアウトリガ、ジャッキのセッティングも無く、上空に達してからの位置決め修正もブーム伸長のまま走行出来るため(走行速度は微速になります)一旦地上に降りて作業車をセッティングしなおす手間は不要で作業がはかどります。

ショップ名株式会社 JLG Industries Japan
掲載コード番号28215
住所埼玉県さいたま市北区吉野町1-19-10
電話番号048-661-5611
ショップURL PC:https://www.jlg.com/ja-jp
※お問い合わせは、商品などに関する以外はご遠慮ください。(広告取材・営業禁止)
戻る