少子化でもベビー用品活況なぜ?
 国内で少子化が加速する中、育児・ベビー用品関連メーカーが健闘している。女性の社会進出や共働き世帯の増加により、育児負担を軽減できる商品や、育児に携わる男性が使いやすい商品が求められていることが背景にあるようだ。こうした需要を取り込もうと、各社は積極的に高付加価値品を投入し市場が活気づいている。

戻る