天才科学者 ホーキング博士死去
 【ロンドン共同】全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)と闘いながら、ブラックホールなどに関する独創的な宇宙論を発表し続けた「車いすの天才科学者」、英国のスティーブン・ホーキング博士が死去した。76歳だった。英BBC放送が14日伝えた。

戻る