北芸術団 演目巡り韓国と火花
 【ソウル大貫智子】北朝鮮の芸術団「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」が韓国で8日と11日に行った公演で、歌の演目や内容を巡って南北間で激しいやり取りが展開された。北朝鮮の歌の大半は体制賛美の内容のため、国民の反発を懸念した韓国政府が変更するよう要請。最終的に、南北が同じ民族であることを強調する歌詞に変えるなどして披露された。

戻る