ハンドスピナー 流行した理由は
今年も「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が発表された。30の候補の中に「ハンドスピナー」が入っていた。正式な名称はなく、「フィンガースピナー」「フィジェットスピナー」とも呼ばれる。羽の枚数や形状にはさまざまなパターンがあるものの、基本的な遊び方は極めてシンプル。中央部を指で挟み、回すというものだ。中央部の周辺にはベアリング(軸受け)が搭載されており、1度回すとなかなか止まらない。

戻る