ブル中野 現役時から60キロ減
 プロレス界の“女帝”ブル中野が東京・中野に「ガールズ婆(ば)バー・中野のぶるちゃん」をオープンしたのは2011年2月。開店からママとして連日カウンターに入っていたが、体重増のために歩行困難となり、15年に減量の手段として胃を切除した。この2年は出勤をセーブ。後輩レスラーらのスタッフに支えられながら、月4回ほど店に出る。今年1月で50歳。女子プロレス解説やタレント活動、講演などで多忙な日々を過ごす。

戻る