女性刺殺「多重人格」と無罪主張
2015年、大阪で交際女性を殺害したとされる男の裁判員裁判で、弁護側は、「多重人格の症状だった」として無罪を主張しました。

戻る