岡山県 防災メール192万通に遅れ
 岡山県は12日、災害情報などを伝える「おかやま防災情報メール」の配信が、豪雨に見舞われた6日から7日にかけ、最大2時間程度の遅れや不着があったと発表した。県内で6万4千件の登録があり、県は「避難の遅れなどに影響した可能性はある」とし、再発防止に努めるという。

戻る